スポンサーリンク
 

『王様ランキング』のミランジョの正体とは?暗躍する彼女の目的について!

王様ランキング

『王様ランキング』のミランジョの正体とはなんなのか?

 

『王様ランキング』において暗躍しボッジ達の前に立ちはだかるのが、

このミランジョですね。

鏡に精神だけ宿った彼女の正体や暗躍する目的とはいったいなんなのか?

 

今回は、

そんな『王様ランキング』のミランジョのプロフィールについてや、

暗躍する目的について、

お伝えしたいと思います。

 

では、

『王様ランキング』のミランジョの正体とは?暗躍する彼女の目的について!

を紹介します。

 
スポンサーリンク
 

『王様ランキング』のミランジョについて

『王様ランキング』のミランジョのプロフィール

名前 ミランジョ
所属 不明
能力や強さ 精神が鏡に宿っている存在

言葉巧みにダイダを地下に誘導したり、アピスの悩みを克服させ忠義を誓わせるなどしている

その様に暗躍することでボッス復活を実現した

そして、オウケン達冥府の罪人利用し、ボッジ達を非常に苦しめた

備考 ボッス王国での騒乱をボッスと共に起こした首謀者

ボッジが非力な理由にはミランジョがボッスにしたある提案が関係している

ボッスとは過去に共に旅をした仲

関連記事:ミランジョの過去とは?

『王様ランキング』のミランジョの正体と暗躍する目的とは?

『王様ランキング』のミランジョの正体とは?

鏡に精神が宿っている形で登場したミランジョ。

彼女は元々は何者だったのか?

 

そんな彼女の正体は、

実は元々は人間だったのです。

 

昔、傷ついたボッスを助けた女性が居ました。

その女性はミランジョの母親でした。

 

このような縁により出会ったボッスとミランジョでしたが、

ミランジョの居た国は支配されてしまいます。

それを知ったボッスが駆けつけ敵を皆殺しにした後、

ボッスとミランジョの旅が始まるんですね。

 

ミランジョとボッスの詳しい過去内容はこちらで解説していますのでご覧ください。

 

関連記事→『王様ランキング』のミランジョの過去とは?

 
スポンサーリンク
 

『王様ランキング』のミランジョは暗躍してボッスを復活させる

鏡に精神が宿っているミランジョの言葉により、

ダイダは地下へと誘導されてしまいます。

 

そこで秘薬を無理やり飲まされ、

その効果によりボッスがダイダを乗っ取り復活を果たします。

 

このダイダを乗っ取り復活する計画は、

彼が生まれる前から計画されていたものであり、

いうなればボッスが復活するために生まれたのがダイダということになります。

 

このことから、

ミランジョはかなり昔から暗躍していたのが伺えます。

『王様ランキング』のミランジョの目的とは?

彼女の目的それは、

すべてボッスの為を想って行ったことです。

 

強くなりたいと願ったボッスを手助けしたり、

病に侵されたボッスを救う為暗躍したり、

そして、ボッスが限界を悟った時には彼に魔神との契約を勧めまています。

 

ある意味この魔神との契約が今起こっているボッス王国の騒乱の元凶となっており、

そういう意味ではこの物語の一番の黒幕はミランジョと言っていいでしょう。

 

ただ、黒幕として彼女一人を責めるのは間違いだと思います。

 

たしかに、魔神との契約を勧めたのは彼女ですが、

彼女が勧めたのはボッスが自分の限界を知り自信を失っているのを、

どうにかしたいと思ったからであり、

その話に乗ったボッスもやはり彼女と同罪だと思います。

 
スポンサーリンク
 

「『王様ランキング』のミランジョの正体とは?暗躍する彼女の目的について!」まとめ

『王様ランキング』のミランジョの正体とは?暗躍する彼女の目的について!を紹介しました。

 

ミランジョの正体は元人間でした。

そして、

ダイダを騙しボッスを復活させる、

ヒリングの暗殺を目論む、

等々『王様ランキング』で暗躍する悪役として描かれているのが、

ミランジョなんですね。

 

しかし、彼女とボッスとの過去などミランジョのことを知ることで、

その意見が読む人によっては変わってくるのではないでしょうか。

 

そんなミランジョの過去を知りたいなら、

こちらで解説していますのでご覧ください。

 

そしてそんなミランジョの結末がどうなるのか気になった方は、

是非本編を読んで見るしかありませんね!

もし読み始めるならU-NEXTなら600円分お得に読めるのでおすすめですよ。

その方法は無料トライアルに登録するだけなのでとても簡単なので是非!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
タイトルとURLをコピーしました