スポンサーリンク
 

「ネオン・アビス(NEON ABYSS)」のYoutube動画!弟者さんが神に挑む!「ネオン・アビス(NEON ABYSS)」とは?

【「ネオン・アビス(NEON ABYSS)」のYoutube動画!弟者さんが神に挑む!「ネオン・アビス(NEON ABYSS)」とは?】

弟者さんの新しいYoutube動画が配信されましたね!

今回は
「ネオン・アビス(NEON ABYSS)」
実況動画とないます。

では、弟者さんの「ネオン・アビス(NEON ABYSS)」Youtube実況動画や「ネオン・アビス(NEON ABYSS)」についてお伝えします!

 
スポンサーリンク
 

弟者さんの「ネオン・アビス(NEON ABYSS)」Youtube実況動画

では、弟者さんのYoutube実況動画をご覧ください!

#1

#1【神vs俺】弟者の「ネオン・アビス(NEON ABYSS)」【2BRO.】

#2

#2【詰んだ】弟者の「ネオン・アビス(NEON ABYSS)」【2BRO.】

#3

#3【神vs俺】弟者の「ネオン・アビス(NEON ABYSS)」【2BRO.】

#4

#4【神vs俺】弟者の「ネオン・アビス(NEON ABYSS)」【2BRO.】

#5

#5【神vs俺】弟者の「ネオン・アビス(NEON ABYSS)」【2BRO.】

#6

#6【神vs俺】弟者の「ネオン・アビス(NEON ABYSS)」【2BRO.】

「ネオン・アビス(NEON ABYSS)」とは

では、Youtube実況動画で紹介されている
「ネオン・アビス(NEON ABYSS)」について
お伝えします!

■名称:ネオン・アビス(NEON ABYSS)
■開発:Veewoゲーム
■プラットフォーム:任天堂スイッチ、PC、Xbox
■リリース日:2020年7月14日
■ジャンル:ローグライク、アクション、プラットフォーマー

公式ページはこちら

概要

Neon Abyssは、無制限のアイテムの相乗効果とユニークなダンジョン進化システムを特徴とする必死のローグライクアクションプラットフォーマーです。レイドのたびにダンジョンエクスペリエンスが多様化し、ダンジョンのルールセットが変更されます。あなたはこのゲームでたくさん死ぬでしょう、そしてあなたが死ぬたびに、あなたはあなたの究極の目標に一歩近づいているだけです:あなたの不滅の呪いの治療法を見つけること。

特徴

・進化するダンジョン
ユニークで拡張可能なアンダーワールドがあります。パーソナライズされたアップグレードパスを選択してダンジョンを拡張し、新しい部屋、ボス、アイテム、特別なルール、新しいエンディングをアンロックできます。
・無制限のアイテムシナジー
私たちはビルドが大好きです!アイテム間のパッシブエフェクトは重なり合って互いに影響します。キャラクターに適用できるエフェクトの数に制限はありません。何が起こるか、または何を作成するかは誰にもわかりません。
・大規模なコンテンツ
動的に生成されたマップ、500を超えるアイテム、さまざまなスタイル、複数のエンディング、無数の秘密を持つ100を超えるモンスターとボスが、すべての冒険を完全に新鮮にします。
・卵の孵化と進化
奈落の底に降りるとき、あなたが世話をすることができる卵がランダムなペットに孵化するのを見つけるでしょう。それぞれのペットには特別な能力があり、ほとんどはあなたがプレイするにつれて進化することができます。
・ミニゲーム
ダンジョンには多くのユニークな部屋があり、それぞれ新しいメカニズムとルールがあります。ピアノパフォーマンス、ダンスコンクール、ファイトクラブ、釣りなどに参加してください。
・複数のプレイ可能なキャラクター
プレイヤーが選択できる能力の異なる複数のユニークなキャラクターが存在します。
・ネオンの神々
ナイトクラブの神。ビットコインとファーストフードの神々。今日の執着は新しい神々に変わり、あなたは彼らのルールに挑戦する勇気のある人です。
・信じられないほどのサウンドトラック
受賞歴のある作曲家Min Heは、過去の功績としてプリンセスウンファ、Rift、How to Get Away with Murderを含み、ネオ神々との戦いに合わせてダークスタイルの電子サウンドトラックを作曲しました。

 
スポンサーリンク
 

SNS上での反応

 
スポンサーリンク
 

『「ネオン・アビス(NEON ABYSS)」のYoutube動画!弟者さんが神に挑む!「ネオン・アビス(NEON ABYSS)」とは?』まとめ

以上、『「ネオン・アビス(NEON ABYSS)」のYoutube動画!弟者さんが神に挑む!「ネオン・アビス(NEON ABYSS)」とは?』についてお伝えしました。

ファミコン世代だからでしょうか・・・2D横スクロールアクションを見ると
ワクワク感とドキドキ感と絶望感(難易度が高いと思い込むw)がカオスとなった感情になりますね^^

 
スポンサーリンク
 
タイトルとURLをコピーしました