スポンサーリンク
 

クラウド蓮舫とは?「時代はクラウド」と発言した蓮舫議員について!

【クラウド蓮舫とは?「時代はクラウド」と発言した蓮舫議員について!】

現在、「クラウド蓮舫」なる名言がSNSで注目されているようですね!

発端は蓮舫議員の「時代はクラウド」という発言のようですが、
その発言がどのような状況ででたのかについて見ていきましょう!

 
スポンサーリンク
 

クラウド蓮舫について

「クラウド蓮舫」について、SNS上での発言をお伝えしますね。

「時代はクラウド」と発言について

さて、「クラウド蓮舫」の名言につながる、
問題の「時代はクラウド」という発言について

国会で給付金に関する質問の中でサーバーを増築するという内容について

「サーバーは増やすんじゃなくて、時代はもうクラウドなんですよ!」

と発言したとのこと

この発言の「クラウド」と「蓮舫」を繋げた言葉だったようですね。

 
スポンサーリンク
 

SNSで注目の理由

「時代はクラウド」発言により、「クラウド蓮舫」という名言が生まれたのはわかりましたが、
なぜSNSで注目されているのかについて

そもそもサーバーやクラウドの違いについてお伝えしますね。

サーバーとは

サーバーの概要について

サーバとは、本来はコンピュータネットワークで使用される分散コンピューティング技術の1つであるクライアントサーバモデルでの用語である。サーバはクライアントからの要求(リクエスト)に応じて、何らかのサービス(処理)を提供する側の機能あるいはシステムである。提供するサービスはサーバの種類によって異なり、例えばファイルサーバであれば保管しているファイル(データ)の提供、プリントサーバであればプリンターへの印刷処理の提供、ウェブサーバであればウェブページを構成するHTMLファイルや画像ファイルなどのデータの提供をするなど、さまざまである。

なお、物理的に1台のコンピュータの中に、例えばFTPサーバとウェブサーバなど複数のサーバが稼働することもあるし、同様にサーバとクライアントの両方の機能が置かれる事もある。また一部のプリントサーバのように、アプライアンスとしてハードウェアの形態で提供されるサーバも存在する。

1980年代のクライアントサーバモデルおよび概念の普及以来、従来は大型コンピュータ、メインフレーム、ミニコンピュータ、オフィスコンピュータなどと呼ばれていた、比較的中型から大型のコンピュータ自体も、オープン標準対応への進展もあり「サーバ」と呼ばれる事が増加した。

引用:ウィキペディア

概要だと分かりずらいですが、語源の方がわかりやすそうなのでお伝えしますね。

要求側(クライアント、リクエスタ、エージェントなど)に対してサービスを提供する側(サーバ)を指す。

引用:ウィキペディア

クラウドとは

クラウドコンピューティング(英: cloud computing)は、インターネットなどのコンピュータネットワークを経由して、コンピュータ資源をサービスの形で提供する利用形態である。略してクラウドと呼ばれることも多く、cloud とは英語で「雲」を意味する。クラウドの世界的な普及でオンラインであれば必要な時に必要なサービスを受けられるようになり、あらゆる作業が効率化され、社会の創造性を高めることに成功した。

引用:ウィキペディア

クラウドとはそもそもネットワークを介してさまざまなサービスを提供することを指すようですね。

 
スポンサーリンク
 

「サーバーは増やすんじゃなくて、時代はもうクラウドなんですよ!」発言の矛盾点

サーバーやクラウドについてお伝えしましたが、
これにより

「サーバーは増やすんじゃなくて、時代はもうクラウドなんですよ!」

発言になにやら矛盾点がでてきますねw

単純に上の発言を読み取るなら
「サーバーは増やすんじゃなくて、クラウド使えよ!」
と見えてきちゃいますねw

そして、そう読み取ると
サーバー≠クラウド
という認識に感じます。

正しくは、
クラウド(内のサービスの一つ)=サーバー
だと思われます。

このように、蓮舫議員の発言が間違いなのではないか?ということで注目されているようですね!

 
スポンサーリンク
 

『クラウド蓮舫とは?「時代はクラウド」と発言した蓮舫議員について!』まとめ

以上、『クラウド蓮舫とは?「時代はクラウド」と発言した蓮舫議員について!』についてお伝えしました。

SNS上で注目される内容での多くは
「サーバーは増やすんじゃなくて、時代はもうクラウドなんですよ!」
に違和感を持っているようですね。
私も違和感を感じますw

 
スポンサーリンク
 
タイトルとURLをコピーしました