スポンサーリンク
 

「イツメン」の意味は?友達とどう違う?悩んでいる人に向けたメッセージ!

イツメン

【「イツメン」の意味は?友達とどう違う?悩んでいる人に向けたメッセージ!】

「イツメン」という言葉をご存知でしょうか?

 

主に若者の間で言われている言葉であり、

友達にまつわる言葉なんですね。

 

今回は、

イツメンとはどんな意味なのかについてや、

友達とどう違うのかについて、

またこのイツメンのことで悩んでいる人に向けたメッセージについて、

お伝えしたいと思います。

 

では、

「イツメン」の意味は?友達とどう違う?悩んでいる人に向けたメッセージ!

を紹介します。

 
スポンサーリンク
 

「イツメン」の意味は?

「イツメン」とは、

「いつもの」+「メンバー(面子)」

を略した言葉ですね。

 

特に良く使われる場面としては、

プリクラに入れる文字として若い世代で定番となっています。

 

意味としては上の言葉通り、

「いつも一緒に遊ぶ(居る)仲のいい友達」

という意味になります。

 

イケメンやイクメンという似た言葉がありますが、

これらは男性に向けた言葉であり、

「イツメン」は男性女性どちらでも使える言葉となります。

「イツメン」は友達とどう違う?

意味の所でも紹介しているように、

「いつも一緒に遊ぶ(居る)仲のいい友達」

という意味であり、

他の言い方では、

「ズッ友」「BFF」と同じカテゴリーになっています。

 

境界が曖昧な使い方をしている方もいますが、

大体「友達」<「イツメン」<「親友」という感じの、

「親友」は2人程度、

「イツメン」は5~6人程度いる、

そして「友達」はそれ以外の人を指す、

このように友達以上親友未満の様な友達のことを

「イツメン」とする使い方が多いようです。

 
スポンサーリンク
 

「イツメン」で悩んでいる人に向けたメッセージ!

周りは「イツメン」が居るのに自分には「イツメン」が居ない…

一人で居るのが好きだけど、社会に出てからを考えると今のうちに「イツメン」を作った方がいい?

等々悩む方は多いと思います。

 

この悩みに人気俳優の「松坂桃李」さんがメッセージを出されています。

「私には『イツメン(いつも一緒に行動する仲間)』という人がいません。一人でいるのが好きなので、誰かと一緒に行動することはめったにないんです。もしかしたら他人に興味がないのかも知れません。でも社会に出てからもこのままでいいのかと考えると不安です。無理やりにでも仲間を作ったほうがよいでしょうか?」

というある高校生の質問に対して、

一人でもまったく問題ないですよ!

と力強い言葉でメッセージを送っているんですね。

 

→松坂桃李さんが高校生の悩みに答えた 「イツメン」いなくて大丈夫?|高校生新聞

 

人気俳優である松坂さん本人も一人で行動することが多いと語られており、

質問者の高校生の方は、公私を分けた人間関係を築けると思うとしっかり励ましの言葉を語られています。

 

私も松坂さんの意見にはとても共感していますね。

 

悩んでいるということはそのことについて考えているということです。

 

社会に出て特に重要なのはこの「考える」という部分だと思います。

 

これを新社会人の方に言うと不快に思う人も多いかと思いますが、

目の前の仕事の「なぜ」を「考える」ことが本当に重要なんですね。

 

「なぜ」誰でも出来るような資料のコピーを取らされるのか、

「なぜ」誰でも簡単に出来る資料作成を任されるのか、

大抵は新社会人を脱却させる為に必要なことだからですね。

 

なので、質問者の高校生の方はきっと社会に出ても「考える」ことが出来ると思うので、

大丈夫だと思いますね^^

 

そしてもし実はひとりが好きだけど、

「イツメン」で悩んでいる方がいるのなら、

一度松坂さんのメッセージを読んで貰うことで随分不安が無くなるはずです。

 

そして、松坂さんが言われている様に社会に出たら、

仕事を離れたプライベートでは一人の時間を思う存分楽しむといいですよ^^

 
スポンサーリンク
 

「「イツメン」の意味は?友達とどう違う?悩んでいる人に向けたメッセージ!」まとめ

「イツメン」の意味は?友達とどう違う?悩んでいる人に向けたメッセージ!を紹介しました。

 

「イツメン」とは大体友達以上親友未満を表す言葉だというのがわかりましたね。

 

社会に出る前にはこのイツメンが居ないことに悩む人も多いかと思いますが、

是非、松坂さんのメッセージを読んでみて下さいね。

 

きっとなにか掴めるものがあると思います^^

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
タイトルとURLをコピーしました