スポンサーリンク
 

きまぐれクック|「夏のフグ」のYoutube動画配信!「夏のフグ」の名前はマゴチ

【きまぐれクック|「夏のフグ」のYoutube動画配信!「夏のフグ」の名前はマゴチ】

きまぐれクックの新しいYoutube動画が配信されましたね!

今回は「夏のフグ」と呼ばれる
「マゴチ」
の動画となりますね!

では、きまぐれクックのYoutube動画と「マゴチ」について見ていきましょう!

 
スポンサーリンク
 

きまぐれクックの「夏のフグ」Youtube動画

きまぐれクックのYoutube動画をご覧ください。

『夏のフグ』と呼ばれる、さばく難易度SSクラスのワニにような魚『マゴチ』を熟成して食べるよ!

「夏のフグ」の名前はマゴチ

動画に出てきた、
「夏のフグ」と呼ばれ
「さばく難易度SSクラスのワニにような魚」
『マゴチ』について見ていきましょう。

特徴

全長は50cmほどだが、最大約80cmほどの大型個体もたまに漁獲される。なおカサゴ目のコチは大型個体がすべて雌で雄性先熟の性転換を行うと言われてきた。しかしながら、マゴチおよびヨシノゴチについて性別と耳石による年齢査定により検討した結果、雌雄で成長差があり、雄は高齢になっても大きくならないことが明らかとなった。よって、コチは性転換を行わない魚種である。

体は上から押しつぶされたように左右に平たい。特に頭部がシャベルのように左右に平たいことから、英語でのコチ類の総称は「平たい頭」(Flathead)である。口は大きく、下顎が上顎より前に突き出ている。目は小さく、下顎の先端は丸い。胸びれに小さな褐色の斑点がある。腹側は白いが、背中側は黄褐色-褐色をしていて、細かいまだら模様がある。ただし、海底の砂泥の色に合わせて体色をある程度変えることもできる。

引用:ウィキペディア

生態

日本の分布域は、日本海側は山形県以南、太平洋側は宮城県以南とされる。なお、マゴチや近縁種のヨシノゴチは、奄美大島以南の太平洋、インド洋、地中海に分布するPlatycephalus indicusと同一種とされていたが、研究が進み別種とされるようになった。ただし、まだ学名が決まっていないので、学名は”Platycephalus sp.”(コチ属の一種)という表現がされる。

海岸から水深30mほどまでの砂泥底に生息する。夏は海岸近くに寄ってきて、砂浜海岸や干潟の海中などでも姿を見ることができ、河口などの汽水域にもよく侵入するが、冬はやや深場に移る。

幼魚は浅瀬の砂底に潜り、小魚などの餌を待つ。

海底の砂底に腹をつけて生活する底生魚で、あまり動き回らずに平たい体と褐色の体色で砂底に擬態し、敵や獲物の目をあざむく。砂底に浅くもぐることもできるので、ぱっと見たくらいでは砂底と見分けがつかない。海岸を泳いでいると、目の前の砂底から突然マゴチが飛び出て逃げだし、こちらが驚かされることもある。

食性は肉食性で、クルマエビ類やテッポウエビ類、小型のタコやイカ、ハゼやキスなど、気づかずに接近する小動物を大きな口で捕食する。キス釣りなどで釣り上げた小魚に喰いつき、釣りあがることもある。

産卵期は初夏で、海岸近くの浅場で産卵する。稚魚は最初浮遊生活を送るが、やがて底生生活に移る。

引用:ウィキペディア

 
スポンサーリンク
 

利用

夏が旬で高級食材として扱われ、釣りの対象としても人気がある。ただし頭部には小さな棘が多いので、不用意に手で触るとけがをする。

体の前半部分は骨が多いが、尾の近くは骨も少ない。身は歯ごたえのある白身で、刺身、洗い、寿司種、煮付けなど、いろいろな料理で食べられる。

引用:ウィキペディア

SNS上でのマゴチについて

 
スポンサーリンク
 

『きまぐれクック|「夏のフグ」のYoutube動画配信!「夏のフグ」の名前はマゴチ』まとめ

以上、『きまぐれクック|「夏のフグ」のYoutube動画配信!「夏のフグ」の名前はマゴチ』についてお伝えしました。

きまぐれクックさんの動画は私には聞いたことがない食材が多く出てきて毎回楽しみに見ております^^
そして、出来上がった品は毎回おいしそうですねw

 
スポンサーリンク
 
タイトルとURLをコピーしました