スポンサーリンク
 

きまぐれクック|サーモンの「生カツ」とは?正体はアトランティックサーモンのレアカツレツ

【きまぐれクック|サーモンの「生カツ」とは?正体はアトランティックサーモンのレアカツレツ】

きまぐれクックのYoutube動画が新しく配信されましたね。

今回は
「サーモン料理で一番うまい⁉︎サーモンの【生カツ】がうますぎる!!!」
というタイトルです!

「サーモン」の「生カツ」とは
「アトランティックサーモン」の「レアカツレツ」
とのこと。

では、配信されたきまぐれクックのYoutube動画やアトランティックサーモンやレアカツレツについて見ていきましょう!

 
スポンサーリンク
 

きまぐれクックのYoutube動画

今回配信されたYoutube動画をご覧ください。

サーモン料理で一番うまい⁉︎サーモンの【生カツ】がうますぎる!!!

今回使用された食材の
サーモンは「アトランティックサーモン」であり、
料理名の
生カツは「レアカツレツ」
でしたね^^

アトランティックサーモンについて

今回の食材に使用されて「アトランティックサーモン」について見ていきましょう。

概要

■名称:アトランティックサーモン(大西洋鮭)
■日本では一般的にアトランティックサーモンと呼ばれている。
■現在市場の多くは養殖物となる

養殖物が市場の多くを占めている理由としては、ダムや水質汚染などで天然物は減少していること、また養殖物の方が寄生虫の懸念が少ないことが挙げられている。

特徴

■サケ類では大型の部類である
■全長:平均90~100cm
■大きいものは全長150cm体重40kg以上
■大半は1回の産卵で死んでしまう
■極稀に10年以上生きる個体もいる

 
スポンサーリンク
 

主な利用方法

■主に食用で用いられる
■素焼き、燻製、刺身、寿司、煮物、ムニエル、フライなどの料理
■卵巣は筋子、イクラとしても使用される

養殖について

現在市場に出ているアトランティックサーモンは養殖物が大半を占めている。
養殖場所としては、カナダ、ノルウェー、ロシア、イギリス、オーストラリアなどである。

1980年代はまだ天然物と養殖物の流通量に差はあまりなかったが、
2000年代では養殖物の流通量の1%以下まで差が広がっている。

 
スポンサーリンク
 

レアカツレツについて

名称よりある程度の形は思い浮かぶかと思いますが、
レアカツレツのその他の食材についてご紹介します。

マグロ

 
スポンサーリンク
 

カツオ

牛肉

馬肉

 
スポンサーリンク
 

きまぐれクック|サーモンの「生カツ」とは?正体はアトランティックサーモンのレアカツレツまとめ

サーモンの正体は「アトランティックサーモン」、生カツは「レアカツレツ」でしたね。

サーモンのレアカツレツは、刺身用のサーモンを買ってくれば作れそうな気がしますね!

レアカツレツにはその他の食材の物がありますが、
馬肉の物は馬刺しのイメージが強かったので、かなり以外に感じました^^

 
スポンサーリンク
 
タイトルとURLをコピーしました