スポンサーリンク
 

きまぐれクックYoutube動画!ドブ川の『あの魚』とは?正体は『ナマズ』

【きまぐれクックYoutube動画!ドブ川の『あの魚』とは?正体は『ナマズ』】

きまぐれクックの新しいYoutubu動画が配信されましたね!

今回は
「ドブ川で釣れた『あの魚』を生きたまま持ち帰り、さばいて食べてみたら衝撃が走りました」
という内容のようです。

では、きまぐれクックのYoutube動画やドブ川の『あの魚』の正体等についてお伝えします!

 
スポンサーリンク
 

きまぐれクック新しいYoutube動画

今回配信されたYoutubue動画をご覧ください。

ドブ川で釣れた『あの魚』を生きたまま持ち帰り、さばいて食べてみたら衝撃が走りました

ドブ川の『あの魚』の正体とは

今回のYoutubue動画の内容の
「ドブ川で釣れた『あの魚』を生きたまま持ち帰り、さばいて食べてみたら衝撃が走りました」
の『あの魚』の正体は
『ナマズ』
でしたね!

 
スポンサーリンク
 

『ナマズ』について

ではドブ川の『あの魚』
『ナマズ』についてお伝えします。

概要

マナマズ(S. asotus)は日本に分布する4種のナマズ属種の1種である。他の3種のうち、ビワコオオナマズとイワトコナマズが琵琶湖と関連水系のみに生息、タニガワナマズ[注 1]が愛知県、長野県、岐阜県、静岡県の川において確認されている日本固有種であるのに対し、マナマズの分布は東アジア広域にわたり、日本においても現代では沖縄などの離島を除く全国各地の淡水・汽水域に幅広く分布している。

日本在来の淡水魚は雑食のものが多いため、在来魚としては数少ない大型の肉食魚である。大きな体をくねらせてゆったりと泳ぎ、扁平な頭部と長い口ヒゲ、貪欲な食性を特徴とする。

日本におけるナマズは、古代から食用魚として漁獲されたほか、さまざまな文化に取り入れられた歴史をもつ。神経質でデリケートな性格から暴れたり飛び跳ねることも多く、日本では中世以降地震と関連付けられ、浮世絵をはじめとする絵画の題材にされるなどして、人間との関わりを深めてきた。

なお日本では通常、ナマズに「鯰」の字を当てるが、中国では(日本語でアユを意味する)「鮎」を当てる(「鯰」はナマズに当てるために日本で作られた国字である。瓢鮎図の節を参照)[4]。大きなナマズは「鯷」と記し、『漢書』地理志と『後漢書』東夷伝に現れる「東鯷人」は倭人との関係で注目される。

引用:ウィキペディア

分布

マナマズは中国大陸東部・朝鮮半島などの大陸部に加え、台湾や日本など島嶼域を含めた東アジア全域に幅広く分布している。ユーラシア大陸での分布は、アムール川・シベリア東部からベトナム北部まで[5]。流れの緩やかな河川・湖沼から水田・用水路などに生息し、岩礁域よりも水草の繁茂する泥底域に多くみられる。

現代の日本ではマナマズは沖縄諸島などの離島を除く全国に分布しているが、本来の生息域は西日本に限定されていたとみられている。縄文時代の貝塚など全国各地の遺跡から、ナマズ目魚類の骨格が出土しているものの、古い時代のものは滋賀県より西の地域に限られている[6]。一方で、『本朝食鑑』など複数の文献記録や、愛知県と東京都における江戸時代の遺跡から遺存体が見つかっていることなどから、マナマズは人為的な移植によって江戸時代中期には関東地方に、後期には東北地方に順次分布を広げていったと推察されており[7][8][9][10]、大正期に北海道にも移入された。

マナマズは水質汚濁には比較的強いが、河川や用水路の護岸化により繁殖場所を失い、日本での生息数は年々減少しているものとみられている[11]。

引用:ウィキペディア

 
スポンサーリンク
 

形態

マナマズの外観は大きく扁平な頭部と幅広い口、および長い口ヒゲによって特徴付けられ、これらはナマズ目の魚類全般に共通する特徴である。体は全体的に左右に平たく側扁するが、頭部は上下につぶれたように縦扁している。鱗がなく、体表はぬるぬるとした粘液で覆われている。目は小さく背側寄りについており、腹側からは見えない(イワトコナマズの目は側面寄りで、腹側から見える)。体色や斑紋は変異に富み、個体によってさまざまである。全長60cm – 70cm程にまで成長し、一般に雌の方がやや大きい。

口ヒゲは上顎と下顎に1対ずつ、計4本ある。仔魚の段階では下顎にもう1対あり、計6本の口ヒゲをもつが、成長につれ消失する。下顎は上顎よりもわずかに長く突き出す。背鰭は小さいが(4-6軟条)、臀鰭の基底は非常に長く(71-85軟条)、尾鰭と連続する。外見だけで雌雄を鑑別することは難しいが、雄の尾鰭は中央部がやや凹んでいる[5]。

全身に味覚があることで知られ味蕾と呼ばれる器官が約20万程ありこれは全生物の中でも最多である[要出典]。

引用:ウィキペディア

生態

基本的に夜行性で、昼間は流れの緩やかな平野部の河川、池沼・湖の水底において、岩陰や水草の物陰に潜んでいる。感覚器として発達した口ヒゲを利用して餌を探し、ドジョウやタナゴなどの小魚、エビなどの甲殻類、昆虫、カエル、亀、蛭などの小動物を捕食する。日本の淡水域の生態系では、食物連鎖の上位に位置するとみられる。一般的な活動水温は10-30℃の範囲とされ[12]、冬期は泥の中や岩の間に隠れ、ほとんど動かない。

日本での繁殖期は5-6月が中心である。この時期になると群れをなして水田や湖岸など浅い水域に集まり、雄が雌の体に巻きつくという独特の繁殖行動の後、水草や水底に産卵する。卵の大きさは約3mmで黄緑色をしており、およそ2-3日で孵化する。仔魚は孵化の翌日にはミジンコなどの餌をとるようになり、個体密度が高い場合は仲間の仔魚にも攻撃を加えるなど共食いが起こる[13]。雄は2年、雌は3年程度で性成熟に達する。

引用:ウィキペディア

SNS上での情報

 
スポンサーリンク
 

「きまぐれクックYoutube動画!ドブ川の『あの魚』とは?正体は『ナマズ』」まとめ

以上、「きまぐれクックYoutube動画!ドブ川の『あの魚』とは?正体は『ナマズ』」についてお伝えしました。

どうやら今回のナマズ料理の味は芳しくなかったようですねw
ただ、ウナギの代わりになると言われるナマズですので
おいしく調理することは出来るかと思います。
是非、おいしいナマズは食べてみたいですね^^

 
スポンサーリンク
 
タイトルとURLをコピーしました