スポンサーリンク
 

ブブリクのアンダーサーブはルール違反?賛否両論に是か非かわかれる?

【ブブリクのアンダーサーブはルール違反?賛否両論に是か非かわかれる?】

みなさんはテニスを見られたことはあるでしょうか?

見た方はご存知でしょうが、テニスのサーブは上から打つサーブが基本となっています。

ですが、時々見たことはありませんか?下から打つアンダーサーブというものを。

今そのアンダーサーブについて、ブブリク選手がしたアンダーサーブが話題となっていますね。

そもそもアンダーサーブはルール違反にならないのか?や、その話題の賛否両論について見ていきたいと思います。

では、ブブリクのアンダーサーブはルール違反?賛否両論に是か非かわかれる?を紹介します。

 
スポンサーリンク
 

ブブリクのアンダーサーブはルール違反?

相手の意表を突いたブブリクのアンダーサーブですが、これはルール違反になのか?

テニスのサーブについてのルールは主だったものを以下にまとめてみました。

■サーブの打てる場所
■サーブを入れる場所
■フォルトの条件
■その他のルール

それぞれについて見ていきましょう。

サーブの打てる場所

シングルスとダブルスにより横のラインは変わってきますが、縦のラインはベースラインと呼ばれるラインより外側からサーブを打たなければなりません。
また、センターの左右どちらかより打たなければなりません。

サーブを入れる場所

こちらもシングルスとダブルスで横のラインは変わってきますが、サーブを打った場所の対角線にあるサービスボックスと呼ばれる四角いエリアにいれなければなりません。

 
スポンサーリンク
 

フォルトの条件

サーブを打った後、サービスボックス内に入らなければフォルトとなります。
フォルトを2回すると相手のポイントとなります。

その他のルール

ネットに当たりサービスボックス内に入った際は、レットとなりやり直しとなります。
ポールにあたった場合はフォルトとなります。
ダブルスで味方に当たった場合もフォルトとなります。
サーブを打つ際、ラケットにボールが当たる前にラインを踏んだり越えたらフォルトとなります。

また、トスについては投げ直しは出来ますが空振りはフォルトとなります。

アンダーサーブはルール違反?

さて、以上が主だったルールとなり打ち方についてのルールは特にない為、アンダーサーブはルール違反にはならないということになります。

ブブリクのアンダーサーブが賛否両論に是か非かわかれる?

では、賛否両論となったブブリクのアンダーサーブを見てみましょう。

このアンダーサーブには賛否が分かれているのが現状となりますね。
ブブリク本人はこうコメントしています。
「自分も下を向いてしまう時はたまにあるからね。それで気が付いたんだ。もし相手がこの間に打ってきたら自分には返すチャンスがないなって。だからたまに(アンダーサーブを)やるんだ」

→物議の不意打ちアンダーサーブ 批判浴びたブブリクが理由主張「だからやるんだ」|Yahooニュース

これにはトッププロであるノバク・ジョコビッチ選手やラファエル・ナダル選手は、以前からアンダーサーブについては支持する姿勢を示しているようですね。

以下からは個人的な意見となります。

相手の意表をつくという考え自体はスポーツや格闘技等の相手と対戦する競技では当然重要なことだと思います。
テニスのサーブについても、緩急をつけ左右のコースを打ち分け相手の予想を超えなければ勝利することは難しいでしょう。

しかし、その他の競技を見てみると、今回のテニスのサーブに見られる問題についてルールを課しているのが見て取れます。

卓球では玉をトスを上げる高さが明記されており、必ずトスを上げなければなりません。
野球ではピッチャーがバッターに正対しないで投げてはなりません。また、セットポジションからの投球で完全静止しなければなりません。

上記のようにプレイが開始される前の、なにかしらの合図が必要になってきます。

今回のブブリク選手のサーブについては、ルールには問題ないからと相手の「意識」の隙を狙ったサーブです。

恐らく今までは「紳士のスポーツ」であるテニスでは、このような相手を後ろから攻撃するような行為は大きく問題になってこなっかたのではないかと思います。

アンダーサーブをすることは問題ないと個人的には思いますが、今回のブブリク選手のようなアンダーサーブは禁止とするべきだと思いますね。

例えば、ボールは肩の位置以上から離さなければならないなどのルールを追加するのはどうでしょうかね?

 
スポンサーリンク
 

ネット上の反応

 
スポンサーリンク
 

まとめ|ブブリクのアンダーサーブはルール違反?賛否両論に是か非かわかれる?

ブブリクのアンダーサーブはルール違反?賛否両論に是か非かわかれる?を紹介しました。

みなさんはいかがだったでしょうか?賛否色々わかれるのではないでしょうか?

上の方で長々と個人的意見を書いてしまいましたが、相手の「意識」の隙を狙う行為は正直スポーツには不要だと思っています。
この「意識」の隙を突きたいのであれば是非、格闘技に転向して下さい^^

 
スポンサーリンク
 
タイトルとURLをコピーしました