珪藻土にアスベストが?海外製の商品には混入リスクが存在する?

【珪藻土にアスベストが?海外製の商品には混入リスクが存在する?】

現在、珪藻土のバスマットのアスベスト混入について話題となっていますね。

実は、前からこのアスベスト混入の問題はあったようで、特に海外製の商品が問題となっているようです。

 

今回は、

今話題となっているカインズの珪藻土にアスベスト混入についてや、

ニトリの珪藻土アスベスト混入について、

海外製だとなぜ危険なのか、

安心の日本製の珪藻土バスマットの紹介、

をお伝えしたいと思います。

 

では、

「珪藻土にアスベストが?海外製の商品には混入リスクが存在する?」

を見ていきましょう。

 
スポンサーリンク
 

珪藻土にアスベストが?

カインズの珪藻土を使用した、バスマットなど自主回収すると発表されました。

※ニトリも珪藻土を使用した商品の自主回収をすると発表したため、追記しています。

 

カインズ製品について

2018年5月26日~2020年12月12日までに販売されたものが対象で、

割れたりすると、中のアスベストが飛散するおそれがあります。

商品を持っている方は、使用中止と、ポリ袋などで密閉するよう呼びかけています。

 

案外2018年と言えば昔の商品なので、

自分がその時期に買ったかどうかわからないかと思います。

回収方法がまだ連絡されていないそうなので、

もう割れていて、時期がわからない方は、

一旦、ポリ袋などに入れて保管されると良いかもしれませんね。

※12/22 カインズより回収に関するお知らせが追加されました。

 

以下はカインズの公式ページのお知らせにあるPDFへのリンクになるので、

細かい商品名など確認したい方はチェックしてみて下さい。

【重要】12/17 ★健康上の安全情報を追記★珪藻土商品の回収に関するお詫びとお知らせ

【重要】12/22 ★回収方法を追記★珪藻土商品の回収に関するお詫びとお知らせ

12/22に珪藻土商品の回収方法が追記されました。対象商品を 最寄りの店舗に持ち込めば、商品の 回収及び返金対応して貰えるようです。

 

ニトリ製品について

※12/24追記

以下はニトリ追記分です。

対象商品は販売開始日が2016年~2020年と多岐に渡る為、

詳細はニトリの『お詫びと自主回収のお知らせ』内の、

回収対象となる珪藻土製品の見分け方』を確認して下さい。

 

下のリンクは、公式ページのお知らせにあるPDFへのリンクになります。

【第3報】お詫びと自主回収のお知らせ(一部更新版)

お客様相談室への電話が繋がりにくい状況へのお詫びと安心してご使用いただける商品の見分け方について

回収までの珪藻土製品のお取り扱いについて

12/26【第3報】お詫びと自主回収のお知らせで、回収方法が追記されました。

対象商品を 近くの店舗に持っていけば、店頭の珪藻土回収相談カウンターにて商品を確認の上、 交換または返金の対応をして貰えるようです。

 

珪藻土の海外製の商品には混入リスクが存在する?

海外製品、ここでは中国製の製品についてのリスクについて見ていきましょう。

さっそく本題について、トマト工業株式会社さんというケイカル板を取り扱う会社の見解が踏み込んだ内容だった為、お伝えします。

◎自社調査における見解◎

1.日本製、国産のケイカル板についての見解

日本製のケイカル板についてはアスベストが混入されていないことが現状継続して確認されています。

 

2.海外製、主に中国製のケイカル板についての見解

自社調査の中で中国製建材については高い危険性があるという見解を持っております。

現在流通しているケイカル板(商品名珪藻土バスマット)などが該当の製品となります。

 

中国製のケイカル板の加工依頼を受けるケースがあります。

「中国製のケイカル板についてはセメントの混入やアスベストの混入の可能性を否定出来ない」
という観点からトマト工業では2次加工を一切お断りさせていただいております。

アスベストについては発がん性の問題、作業環境上の問題があります。
含有セメントについてはカドミウム、鉛、六価クロムなどの重金属系の組成について危険性があります。

また建材内に一定数セメント系素材、石材、鉄粉、スラグ、残留粉、不明金属、汚物、スチロールなどが混入していた経緯があります。

こういった製品を加工するということはたとえ安価であっても従業員の健康被害の問題や、お客様へ間接的であっても何かしらの被害の可能性があることが懸念されます。

たとえ利益が上がったとしてもこれらの流通を促進させることは道義上好ましくないと考えております。

そのため持ち込みについても海外製(主に中国製)については加工をお断りさせていただいております。
あらかじめご了承ください。

 

 

また、同じくトマト工業株式会社さんのブログ内でも珪藻土について更に踏み込んだ意見が書かれていますのでチェックしてみて下さい。

→中国製バスマットとアスベストについて

 

抜粋すると、

■ケイカル板のつなぎに、日本ではアスベストが使われていたこと(現在は使用されていない)

■珪藻土の中国製バスマットは建材のボード、すなわちケイカル板を切り出し加工しているものがある

■問題なのはこの建材にアスベストが混入している可能性があること

 

など、一般人では知らない情報や踏み込んだ意見が見れるためブログを一読してみて下さい。

 

ここでさらっとアスベストについて復習したいと思います。

 

日本ではすでに、この「アスベスト」は、2004年には石綿を1%以上含む製品の出荷が原則禁止されています。

 

このアスベストの何が問題だったのかそれは、

塵肺、肺線維症、肺癌、悪性中皮腫(ちゅうひしゅ)などの人体への健康被害が問題だったからです。

 

世にいう、「アスベスト問題」という問題のことです。

→アスベスト問題|ウィキペディア

 

 
スポンサーリンク
 

珪藻土の国内製商品を紹介

海外製の珪藻土バスマットではなく、日本製のバスマットなら安全では?

と、安直に考えてしまってはあまり良くないかもしれませんが、

それでも海外製の商品よりは、アスベストが禁止されている日本製の方が確実に安全だと思います。

 

ということで、日本製の商品を紹介していきます。

レビューへ」をクリックすれば、Amazonのレビューページに飛びますので是非参考にしてみて下さい!

宇部興産建材

宇部興産建材 UB足快バスマット 珪藻土 日本製 無地

天然素材 安心の日本製

驚異の吸水力

脱臭+湿度 調整効果

8

吸収力

8

速乾性

7

満足感

8

値段

 

フジワラ化学

フジワラ化学 珪藻土マット NEW足乾バスマット W550×D430×厚み9mm –

信頼の日本製

吸水速乾性

リーズナブル

7

吸水力

7

速乾性

9

満足度

9

値段

 

ASUWELL(アスウェル)

【日本製】珪藻土バスマット Made in Japan刻印 特許取得済み “速乾・抗菌・消臭・軽量・耐久力抜群” (レギュラーサイズ 素材色 57.5×42.5cm)

日本製(国産原料100%)

特許技術で吸水力No1!!

消臭機能(特許申請中)

9

吸水力

8

速乾性

7

満足度

8

値段

 

ソイル(Soil)

ソイル(Soil) 浴室足ふきマット 珪藻土 バスマット ライトB246

足の裏で感じる土の質感

優れた吸水力

soilを支えるイスルギの高い左官技術

8

吸水力

8

速乾性

8

満足度

6

値段

 
スポンサーリンク
 

「珪藻土にアスベストが?海外製の商品には混入リスクが存在する?」まとめ

珪藻土にアスベストが?海外製の商品には混入リスクが存在する?を紹介しました。

 

案外、珪藻土のバスマットが建材のケイカル板に似ている?と思っていた方も多いかもしれません。

実際、海外製の珪藻土バスマットにはそれらが使われている可能性があります。

 

トマト工業株式会社さんの見解など、

今回一番伝えたかったことは、

中国製など海外製では、建材を切り出して加工している可能性がある為、アスベストが混入している恐れがある

ということです。

 

この建材の部分が得に重要で、日本で2004年には、石綿を1%以上含む製品の出荷が原則禁止となりました。

しかし、それ以前の建材は出荷されておりもちろんアスベストの規制が無い建材となります。

日本製の建材だったとしても、十数年前の建材を加工して商品が作られたら?海外の建材で作られていたら?

こんな不安がどうしても付き纏ってしまいますね。

 

その不安を払拭するなら、安全だと企業が謳う日本製の方が安心できるのは間違いないのではないでしょうか。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました