スポンサーリンク
 

『地獄楽』の「弔兵衛(ちょうべえ)」とは?傍若無人な振る舞いに隠された思いとは?

地獄楽

『地獄楽』の「弔兵衛(ちょうべえ)」とはどんな人物?

 

『地獄楽』に登場する、

見た目からかなり凶悪な人物に見える「弔兵衛(ちょうべえ)」は、

見た目通りの人物なのか気になる所ですね。

 

今回は、

そんな『地獄楽』の「弔兵衛(ちょうべえ)」のプロフィール等について、

お伝えしたいと思います。

 

では、

『地獄楽』の「弔兵衛(ちょうべえ)」とは?傍若無人な振る舞いに隠された思いとは?

を紹介します。

 
スポンサーリンク
 

『地獄楽』の「弔兵衛(ちょうべえ)」のプロフィールについて

名前 亜左 弔兵衛(あざ ちょうべえ)
所属 死罪人(大盗賊団の王)
能力 若くして大盗賊団を作り上げ、伊予の賊王と呼ばれていた

傍若無人に振る舞っており凶人に見えるが、分析力、人心掌握、戦闘力が高い

どのような変化にも対応できる力を持っており、島に死罪人が送り込まれる際、最も早く状況を理解し他の死罪人の間引きを行っていた

タオは「金」

島での戦いの最中もっとも敵側の力により体が変化したが、それにも対応して見せていた

備考 元は赤稿藩の武家出身だったが、母の死や父の刑死などが重なり、落ちぶれて行った

身内に弟の桐馬がおり、言動や振る舞いから大切にしているのが見て取れる

 

   
描き下ろし特別漫画5篇収録、コミックス未収録の読切漫画2篇収録の「地獄楽 解体新書」!
堂々完結した『地獄楽』の全巻セットで一気読み!

『地獄楽』の「弔兵衛(ちょうべえ)」の傍若無人な振る舞いに隠された思いとは?

『地獄楽』の「弔兵衛(ちょうべえ)」は「傍若無人」

幼い頃に両親は死に弟と二人生きて行くことになるが、

野党に襲われてしまいます。

 

しかし、弔兵衛はその環境に適応して行き、

ついには盗賊の頭にまで上り詰めることとなります。

 

そんな厳しい環境で生きてきた弔兵衛は自身がやりたいことをやる、

傍若無人な性格をしています。

『地獄楽』の「弔兵衛(ちょうべえ)」の「分析力、人心掌握、戦闘力や適応力の高さ」

分析力や人心掌握そして戦闘力が高い弔兵衛ですが、

それを支えているのは適応力の高さです。

 

島に辿り着き異形の物達を前にしてもこの適応力により、

切り抜けて行くことになります。

 

さらに物語が進むとその適応力の高さから、

死罪人の中では恐らく一番最初に「タオ」の力を理解しています。

 
スポンサーリンク
 

『地獄楽』の「弔兵衛(ちょうべえ)」の「凶人の様な振る舞いに隠された思い」

傍若無人な振る舞いにより、

凶人の様に描写されている弔兵衛ですが、

弟の桐馬だけは信頼し大切にしています。

 

島にあると言われている不老不死の仙薬についても、

桐馬と共に飲むのを目的しており、

桐馬だけが弔兵衛にとって特別だということが伺えます。

 
スポンサーリンク
 

『地獄楽』の「弔兵衛(ちょうべえ)」とは?傍若無人な振る舞いに隠された思いとは?」まとめ

『地獄楽』の「弔兵衛(ちょうべえ)」とは?傍若無人な振る舞いに隠された思いとは?を紹介しました。

 

死罪人の中でもかなりインパクトのある弔兵衛は、

凶人の様な振る舞いも子供の頃に誰からも助けて貰えず、

生きて行かなくてはならなかった為であり、

仕方がないと思います。

 

そんな何者をも信用していないように見える弔兵衛ですが、

弟の桐馬だけが特別なのは物語が進むにつれて良くわかって行きますね。

最後には「そうなるのか!」という展開になりますが、

ネタバレになりますので自粛します^^

 

弔兵衛の最後がどうなるのか気になる方は、

『地獄楽』を読んでみるしかありませんね!

U-NEXT無料トライアルなら1巻分を無料で読むことができるので、

とてもお得に読み始めることが出来るのでおすすめですよ!

31日間以内に解約すれば月額料金も一切掛かりませんので是非^^

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
タイトルとURLをコピーしました