スポンサーリンク
 

『葬送のフリーレン』名前の由来は?その意味には深い理由がある?

葬送のフリーレン

『葬送のフリーレン』の登場人物について、

その名前の由来がなんなのかご存知でしょうか?

 

結論からお伝えすると

「ドイツ語」

が由来となっています。

 

今回は、

そんな登場人物の名前の由来についてや、

その意味について、

お伝えしたいと思います。

 

では、

『葬送のフリーレン』名前の由来は?その意味には深い理由がある?

を紹介します。

 
スポンサーリンク
 

『葬送のフリーレン』名前の由来は?

『葬送のフリーレン』の登場人物の名前について、

由来が気になった人も多いかと思います。

 

改めて由来となった言語とは、

「ドイツ語」

となりますね。

 

案外分かりやすい名前のキャラも居たので、

すでにわかっていた人もいるかと思います。

 

例えば、アイゼンなんかがいい例ですね^^

 

※登場人物のプロフィールについてはこちら

 

その意味には深い理由がある?

ではさっそく、

それぞれの登場人物の名前の意味について見ていきましょう。

フリーレン

「凍っている」ことを意味し、

ドイツ語で”Frieren”と書く。

 

見た目が白銀の髪をしており、

冷たい印象を受ける。

 

師匠であるフランメとは対照な意味を持つ。

 

葬送”が持つ意味は相手を葬ることも含まれる為、

その印象を表しているかもしれない。

 

※『葬送』の意味についてはこちらを参考にして下さい。

フェルン

「遠く」を意味し、

ドイツ語で”Fern”と書く。

 

意味のみだとそこまで合う印象はなさそうな感じ。

今後物語によっては意味が出てくるかもしれない。

 
スポンサーリンク
 

シュタルク

「強い」ことを意味し、

ドイツ語で”Stark”と書く。

 

とても気の弱い彼に付ける意味としてはとてもおもしろいと感じる。

実際、彼の実力は竜を一人で倒せるほど。

ザイン

「存在」を意味し、

ドイツ語で”Sein “と書く。

 

なかなか意味深な意味だと感じる。

今後、物語でこの意味の理由がわかるかもしれない。

ヒンメル

「天国」を意味し、

ドイツ語で”Himmel”と書く。

 

フリーレンの目指すところが”天国”と呼ばれる所であり、

そこには死者の魂が集まると言われている。

 

そこに辿り着きヒンメルと会うことが旅の目的でもあり、

まさに”ヒンメル(天国)”を目指しているという意味となる。

 
スポンサーリンク
 

ハイター

「明朗」を意味し、

ドイツ語で”Heiter”と書く。

 

魔王討伐の旅は危険で苦労が絶えない旅であったが、

旅は仲間にとって楽しい旅という思い出となった。

それはひとえにヒンメルと、

ハイターの尽力が大きかったと思われる。

 

そんな彼を表す意味として”明朗”とはぴったりな印象。

アイゼン

「鉄」を意味し、

ドイツ語で”Eisen”と書く。

 

彼の旅の途中のエピソードに、

自由落下程度ならどの高さから落ちても無事であることや、

竜を昏倒させる毒の矢を受けても平然としていたなど、

彼の強靭な肉体を表す意味として”鉄”というのはぴったりだと感じる。

 

※登場人物のプロフィールについてはこちら

その他登場人物

メインキャラ以外もドイツ語由来である為、

一気にご紹介。

 

フランメ:「炎」を意味する”Flamme”。

クラフト:「力」を意味する”Kraft”。

グラナト:「ガーネット」を意味する”Granat”。

クヴァール:「苦悶」を意味する”Qual”。

アウラ:「オーラ」を意味する”Aura”。

リュグナー:「嘘つき」を意味する”Lügner”。

リーニエ:「線」を意味する”Linie”。

ドラート:「針金」を意味する”Draht”。

ゼーリエ:「一続き」を意味する”Serie”

オルデン:「勲章」を意味する”Orden”

ユーベル:「邪悪」を意味する”Übel”

ヴィアベル:「渦」を意味する”Wirbel”

デンケン:「思考・考え」を意味する”Denken”

ラオフェン:「走る」を意味する”laufen”

リヒター:「裁判官」を意味する”Richter”

ラヴィーネ:「雪崩」を意味する”Lawine”

カンネ:「水差し」を意味する”Kanne”

ラント:「国」を意味する”Land”

ゼンゼ:「鎌」を意味する”Sense”

 

※登場人物のプロフィールについてはこちら

意味の考察

登場人物の名前はもれなくドイツ語由来のようですね。

ただ、そこに深い意味が含まれているのかが気になる所です。

 

現状は、その人物の印象を表す意味が濃いと思われます。

 

ただ、ヒンメルの「天国」など物語が進むにつれて意味が出てきたものもあり、

それを読み解くのも大変おもしろいですね。

 
スポンサーリンク
 

「『葬送のフリーレン』名前の由来は?その意味には深い理由がある?」まとめ

『葬送のフリーレン』名前の由来は?その意味には深い理由がある?を紹介しました。

 

登場人物の名前はもれなくドイツ語由来となっているようですね。

 

ただ、意味ついては深い意味がありそうなもの、

そこまで深い意味がなさそうなものがあり、

そういうものについては、

「実はこんな意味があった」など、

物語が進むと回収される可能性がありそうですね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
タイトルとURLをコピーしました