スポンサーリンク
 

『葬送のフリーレン』作者の山田鐘人先生アベツカサ先生とは?プロフィールを紹介!

葬送のフリーレン

最近とても注目されている『葬送のフリーレン』ですが、

作者がどなたかご存知でしょうか?

 

原案を山田鐘人先生が、

作画をアベツカサ先生が担当しています。

 

今回は、

そんな二人の先生についてや、

葬送のフリーレンが二人の先生の代表作になったことについて、

お伝えしたいと思います。

 

では、

『葬送のフリーレン』作者の山田鐘人先生アベツカサ先生とは?プロフィールを紹介!

を見ていきましょう。

 
スポンサーリンク
 

『葬送のフリーレン』作者は山田鐘人先生とは?

名前 山田鐘人
国籍 日本
職業 漫画家
活動期間 2013年-
ジャンル 少年漫画
代表作 『葬送のフリーレン』

作品など

クラスシフト(2009年 まんがカレッジで入選を受賞)

名無しは一体誰でしょう?(作画:岡崎河亮、『週刊少年サンデーS』2013年6月号 – 2015年5月号)

ぼっち博士とロボット少女の絶望的ユートピア(『サンデーうぇぶり』)

葬送のフリーレン(作画:アベツカサ、『週刊少年サンデー』2020年22・23合併号 – 連載中)

 

『葬送のフリーレン』作者のアベツカサ先生とは?

名前 アベ ツカサ
国籍 日本
職業 漫画家
活動期間 2015年-
ジャンル 少年漫画
代表作 『葬送のフリーレン』
受賞 第82回小学館新人コミック大賞佳作(『MEET UP』)

作品など

図書館の水と油(新世代サンデー賞・2015年度11月期・努力賞)

MEET UP(第82回(2018年6月)小学館新人コミック大賞・少年部門・佳作)

殺人鬼vs.殺人鬼(『週刊少年サンデーS』2020年3月号・別冊ふろく「サンデーmini」掲載)

葬送のフリーレン(原作:山田鐘人、『週刊少年サンデー』2020年22・23合併号- 連載中) – 初連載

 
スポンサーリンク
 

『葬送のフリーレン』作者の山田鐘人先生アベツカサ先生にとって代表作に!

プロフィールに在るようにどちらの先生もまだ漫画家活動10年未満となります。

 

そんな新進のお二人が初のタッグを組みかなり注目されているのが、

この『葬送のフリーレン』なんですね。

そして、アベ先生に至っては初連載の作品でここまで注目されるというのは、

本当にすごいことだと思います。

 

どうしてここまで注目されているのか?

についてお伝えしますね。

 
スポンサーリンク
 

初連載なのに注目される理由

まず設定がおもしろいというのが上げられますね。

 

小説などでは魔王討伐後の世界の話はそれなりに在るイメージですが、

漫画となるとほとんどイメージがありません。

 

そんなありそうでなかった設定以外でも

さらにそこに主人公をエルフに置き、

もう亡くなってしまった勇者との旅の回想を交えつつ、

新たな旅をして行く絶表なバランスもおもしろさの秘密だと思います。

 

そこら辺の今作の魅力については以下の記事で紹介していますので、

是非参考にしてみて下さい。

 

関連記事→『葬送のフリーレン』とは?評判や感想などやレビューについて!

関連記事→『葬送のフリーレン』は何巻まで出てる?マンガ大賞を受賞した作品の魅力とは?

 

 
スポンサーリンク
 

「『葬送のフリーレン』作者の山田鐘人先生アベツカサ先生とは?プロフィールを紹介!」まとめ

『葬送のフリーレン』作者の山田鐘人先生アベツカサ先生とは?プロフィールを紹介!を紹介しました。

 

山田先生もアベ先生もどちらもキャリアとしては10年未満の方達でしたね。

そんな二人が初タッグを組み生み出されたのが『葬送のフリーレン』であり、

アベ先生に至っては初連載作品となります。

 

そんな注目されている『葬送のフリーレン』が、

今後どのような物語となっていくのか、

とても楽しみですね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事→『葬送のフリーレン』とは?評判や感想などやレビューについて!

関連記事→『葬送のフリーレン』は何巻まで出てる?マンガ大賞を受賞した作品の魅力とは?

関連記事→『葬送のフリーレン』の読み方は?その名に込められた以外な意味とは?

 
スポンサーリンク
 
タイトルとURLをコピーしました