スポンサーリンク
 

『葬送のフリーレン』のフェルンはお母さん?実は魔族にとってはかなりの天敵なのか?

葬送のフリーレン

【『葬送のフリーレン』のフェルンはお母さん?実は魔族にとってはかなりの天敵なのか?】

『葬送のフリーレン』において、フェルンはフリーレンに次ぐ主役として欠かせない存在ですよね。

 

そんな彼女が巷では「お母さん」と呼ばれているのはご存知でしょうか?

また、そんな「お母さん」と呼ばれるような彼女の実力についてもかなり高いようなんですね。

 

今回は、

そんなフェルンについてや、

お母さんと呼ばれる理由について、

魔族にとっての天敵なのかについて、

お伝えしたいと思います。

 

では、

『葬送のフリーレン』のフェルンはお母さん?実は魔族にとってはかなりの天敵なのか?

を紹介します。

 
スポンサーリンク
 

『葬送のフリーレン』のフェルンとは

フリーレン一行の一人であり、フリーレンの弟子である。

 

元々は南側諸国の出身だったが戦争により両親を失っている。

両親を失った絶望により自殺をしようとしたが、

勇者一行の僧侶ハイターに引き取られそうはならなかった。

 

幼少期をハイターの元で過ごし、

後に9歳頃ハイターを訪ねてきたフリーレンと出会った。

 

この頃からフリーレンから魔法の教えを受けており、

ハイター没後の15歳頃にはフリーレンの弟子として彼女と共に旅立っている。

 

『葬送のフリーレン』のフェルンはお母さん?

ネット上などでフェルンのことを「お母さん」と呼ばれていますね。

 

これには物語の途中のあるエピソードが関係しています。

そのエピソードについて紹介します。

フェルンがとうとう気づいたこと

旅の途中で立ち寄った町でフェルンがとうとう気づいてしまったことがあります。

 

それは

「フリーレンがだらしがない人」

ということです。

実際は時間の感覚が人間とエルフで違うからそう感じてしまう部分もありますが、

フリーレンがだらしがないのは間違いないですねw

 

部屋を散らかしてしまったり、

身支度や食事、着替えなんかもお世話していたりします。

 

そして、もうひとつフェルンが気づいてしまったことがあります。

 

それは、

「フリーレンのお母さんのようだ」

ということです。

 

その他のエピソードについて

これは朝フェルンがフリーレンを起こしている場面です。

お世話されている当のフリーレンからも「お母さん」と呼ばれてしまってますねw

 

次はフリーレンが大変珍しく早起きした時のフェルンの反応です。

「しっかり褒めないと」

なんて言葉が出てくる当りもう「お母さん」になってしまってますねw

※関連記事:フリーレンの年齢はいくつ?

 
スポンサーリンク
 

『葬送のフリーレン』のフェルンは実は魔族にとってはかなりの天敵なのか?

見た目や「お母さん」と呼ばれる所から、

あまり強いという印象は受けないフェルンですが、

実はフリーレンの弟子ということもあってかなりの実力があるんですね。

 

それを証明するように史上最年少で3級魔法使い試験において、

トップの成績で合格しています。

 

フェルンが優秀だということがわかったところで、

本題の魔族の天敵という内容について見ていきましょう。

 
スポンサーリンク
 

魔力隠蔽を習得している

実はフェルンはフリーレンより魔力隠蔽について習得しています。

これについてはリュグナー戦おいてその真価を発揮していました。

 

この魔族のリュグナーは最初かなりフェルンのことを侮っていました。

これは魔力探知した結果かなり弱い反応しかなかったためです。

 

その為、最終的にその事実をしったリュグナーはこんな恨み節を言っています。

「卑怯者め…、お前たちは魔法使いの風上にも置けない…」

魔法の発動が速い

フェルンはフリーレンの弟子であり、

その前にはハイターの元で研鑽を積んでいました。

 

要するに、現在の彼女の半生は魔法の研鑽に費やされていると言えます。

そんな魔法使いとして研鑽を積んできたフェルンは師であるフリーレンよりも

「魔法の発動が速い」

という特技を持っています。

 

どれほど速いのかと言われれば、

彼女よりも魔法について研鑽を積んでいる筈のリュグナーですら、

魔法の手数によって抑え込まれてしまう程です。

魔族の天敵の理由について

先に挙げた「魔力隠蔽」「魔法発動の速さ」とあと一つ魔族の天敵足りえる理由があります。

それは、

「ゾルトラーク」

が扱えるというものです。

これは元々人を殺す魔法でしたが、

改良され魔族を殺す魔法となっています。

 

元々は人を殺す魔法だった物を人類は研究解析しており、

そしてそれに大きく貢献したのは、

他でもない師であるフリーレンでした。

その師から伝授されたゾルトラークはまさに、

魔族を殺す魔法となっています。

 

これらの理由によりフェルンは、

「魔力隠蔽」により相手に実力を悟らせず、

「魔法発動の速さ」で相手を抑え込み、

「ゾルトラーク」で魔族を確実に仕留めることが出来るんですね。

 

まさに、魔族の天敵と言っていいのではないでしょうか。

 

※登場人物のプロフィールなどはこちら

 
スポンサーリンク
 

「『葬送のフリーレン』のフェルンはお母さん?実は魔族にとってはかなりの天敵なのか?」まとめ

『葬送のフリーレン』のフェルンはお母さん?実は魔族にとってはかなりの天敵なのか?を紹介しました。

 

フェルンについて各話でかならずといって良いほどお母さん要素が盛り込まれているなど、

作者も気に入っている内容のようですね。

 

そして、見た目に反して魔法技術についてはフリーレンの弟子である為、

かなり高く実力もあるよんですね。

 

その他では、シュタルクとの関係など気になることは多いので、

今後の物語が楽しみですね^^

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
タイトルとURLをコピーしました