スポンサーリンク
 

二百十日とは?雑節のひとつ|夏目漱石の「二百十日」について

【二百十日とは?雑節のひとつ|夏目漱石の「二百十日」について】

「二百十日」

この言葉は雑節のひとつとなります。

立春から数えて210日ということからこの言葉が雑節になったようですね。

今回は、この「二百十日」についてのお話や、夏目漱石の「二百十日」についてお伝えします。

 
スポンサーリンク
 

二百十日とは

冒頭でお伝えした通り、
「二百十日」
とは、雑節のひとつですね。

立春(2月4日あたり)
から、210日後の時期を表しています。

この時期は、稲が開花する時期ですが、台風の時期でもあります。
このように農家にとっては大変な時期となるため、雑節のひとつとなっているようです。

「二百十日」の時期は台風の時期となるため、過去の人々は収穫の無事を祈る為祭りを行ったようです。

雑節とは

二百十日は「雑節」のひとつとお伝えしましたが、
この「雑節」についてお伝えします。

■雑節(ざっせつ):季節の変わりを的確に表す為の特別な歴日

主な9つの雑節について
■節分
■彼岸
■社日
■八十八夜
■入梅
■半夏生
■土用
■二百十日
■二百二十日

夏目漱石の「二百十日」について

「二百十日」
という小説があるのをご存知ですか?

あの有名な夏目漱石の中篇小説として出版されていますね。

あらすじ

■主人公:2人の青年
■二人の会話主体で進む小説
■その他の登場人物とのやりとりがありつつ、阿蘇の各地を巡る
■とうとう阿蘇山へと登る際、「二百十日」の嵐により断念する

 
スポンサーリンク
 

SNS上での反応

Twitter / ?
Twitter / ?
 
スポンサーリンク
 

二百十日とは?雑節のひとつ|夏目漱石の「二百十日」についてまとめ

二百十日は季節の変わり目を表す雑節でしたね。

二百十日の時期は嵐(台風)の季節を表しています。
昔の人々は、気象情報が無い時代でも嵐の危険に備えるため
「二百十日」という雑節を定めたということに
畏敬の念を抱きますね!

 
スポンサーリンク
 
タイトルとURLをコピーしました